2019年11月18
第50回記念
  明治神宮野球大会

vs  

​明治神宮野球場

投手:‐ 本塁打:ー 三塁打:ー 二塁打:ー
戦評

​中央大学

2019年11月16
​第50回記念
 明治神宮野球大会

vs  

​東北福祉大学

​明治神宮野球場

投手:高杉、安里、宮路 本塁打: 三塁打:植村 二塁打:藤井健
戦評
粘り強さを発揮、敵失でサヨナラ勝ち
東海大学が東北福祉大学を9-8で下し、白星を勝ち取った。
試合は3時間を超える熱戦となった。序盤先発高杉が打ち込まれ劣勢が続いた。しかし3-0で迎えた2回、相手の乱れからチャンスを広げ、海野の適時打などで逆転に成功する。その後も一進一退の攻防が続き、8-8の同点で最終イニングに突入した。最終回、相手野手の失策が続き、サヨナラ勝利を収めた。

〇8-9x
2019年10月31
​第15回関東地区
 大学野球選手権大会・決勝

vs  

​城西国際大学

​横浜スタジアム

投手:村上、松山、宮路 本塁打:宮地 三塁打:藤井健 二塁打:高田
戦評
​第15回関東地区大学野球選手権大会
​初回、宮地のソロ本塁打で先制するも4回、好投を続けていた先発村上が相手打線につかまり逆転を許した。5回にも松山が2点を失い、引き離された。7回に杉崎の中前適時打で1点を返すもあと一歩及ばなかった。

​●​3-5
2019年10月31
​第15回関東地区
 大学野球選手権大会・準決勝

vs  

​上武大学

​横浜スタジアム

投手:山﨑、原田、高杉 本塁打: 三塁打:杉崎 二塁打:藤井健2
戦評
二桁安打で勝利、決勝進出
同点のまま迎えた7回、杉崎が均衡を破る中前適時打を放ち先制に成功した。藤井建にも適時打が飛び出すなど一挙3点を獲得した。続く8回にも3点を追加し13安打6得点で大きく突き放した。
投げては先発山崎が5回無失点、後続の投手も要所を抑え2失点の好投を見せた。

〇6-2
2019年10月28
​第15回関東地区
 大学野球選手権大会

vs  

​関東学院大学

​横浜スタジアム

投手:山﨑、松山 本塁打: 三塁打: 二塁打:宮地
戦評

​乱打戦制し、関東大会初戦突破

1点ビハインドで迎えた3回、宮地、杉崎の連続安打でチャンスメイクすると、植村の中前適時打で逆転に成功。その後はお互い譲らずの攻防が続き同点で迎えた9回1アウト満塁の場面で竹内の放った鋭い打球が相手のミスを誘い、サヨナラ勝利を収めた。

両チーム2桁安打の乱打戦を制した。

〇6-5
2019年10月21
首都大学野球 秋季リーグ戦

vs  

​筑波大学

バッティングパレス相石

​スタジアムひらつか

投手:村上、高杉、宮路 本塁打: 三塁打:串畑 二塁打:竹内
戦評

​2014年春以来リーグ戦10連勝

1点ビハインドで迎えた7回、代打で出場の長倉の左前適時打で海野が生還し試合を振り出しに戻す。続く8回には吉田元登、濵松に適時打が飛び出し、打者一巡の猛攻で4点を奪い逆転に成功した。

投げては初登板の村上が6回一失点の好投で初勝利をあげた。

〇5-1
〇2-1
2019年10月19
首都大学野球 秋季リーグ戦

vs  

投手:‐ 本塁打:ー 三塁打:ー 二塁打:ー
戦評

​筑波大学

バッティングパレス相石

​スタジアムひらつか

雨天中止

2019年10月13
首都大学野球 秋季リーグ戦

vs  

​大田スタジアム

投手:‐ 本塁打:ー 三塁打:ー 二塁打:ー
戦評

​筑波大学

雨天中止

2019年10月12
首都大学野球 秋季リーグ戦

vs  

​大田スタジアム

投手:‐ 本塁打:ー 三塁打:ー 二塁打:ー
戦評

​筑波大学

雨天中止

2019年9月29
首都大学野球 秋季リーグ戦

vs  

越谷市民​球場

投手:原田、高杉 本塁打: 三塁打:ー 二塁打:
戦評

​初登板・高杉、気迫のピッチングで初勝利

初回、エラーやヒットなどで4点を失ったが2回、2つの四球と安打で満塁とチャンスを広げると千野が中前へ2点適時打を放ち1点差とした。さらに杉崎も四球で出塁し、またも満塁の場面で海野が左前へ2点適時打を放ち逆転に成功した。4回にも宮地の適時打で1点を追加。

投げては2番手高杉が初勝利。ピンチを招くも気迫のピッチングで要所を乗り切った。

​帝京大学

〇5-4
2019年9月28
首都大学野球 秋季リーグ戦

vs

越谷市民​球場

投手:山﨑、宮路 本塁打:海野 三塁打:ー 二塁打:藤井健、海野
戦評

海野5打点の大活躍

お互い無得点のまま迎えた3回、海野が今季第2号となる3ラン本塁打を放ち幸先よく先制する。海野は8回にも2点中越え適時打を放ち、この試合4打席4打数3安打5打点と大活躍。

投げては先発山﨑が8回を投げ、今季3勝目をあげた。9回には宮路が登板し3者凡退に抑えた。

​帝京大学

〇5-0
2019年9月22
首都大学野球 秋季リーグ戦

vs

​牛久運動公園野球場

投手:原田、安里、松山 本塁打:千野 三塁打:ー 二塁打:杉崎、植村、宮地
戦評

5年ぶり開幕6連勝

1回の裏、1点先制を許した東海大学は先頭打者、千野のソロホームランですぐさま同点とする。その後、死球で宮地が出塁、二盗を決めると、三番・杉崎が左中間へ勝ち越しの二塁打を放ち、4得点を挙げる。

投げては先発、原田が6回途中まで1失点のピッチング。安里、松山の継投で勝利を挙げ、勝ち点3とした。

​武蔵大学

〇7-3
2019年9月21
首都大学野球 秋季リーグ戦

vs

​牛久運動公園野球場

投 手:山﨑 本塁打:ー 三塁打:ー 二塁打:吉田元
戦評
12安打8得点の猛攻、山﨑安定のピッチング

 

東海大学が武蔵大学を破り5連勝した。

東海大学は3回、藤井の犠牲フライで先制に成功した。続く4回にも千野に適時打が飛び出し得点を重ねた。東海大学は12安打8得点の猛攻を見せた。

投げては先発山﨑が9回完封、今季2勝目を挙げた。

​武蔵大学

〇8-0
2019年9月8
首都大学野球 秋季リーグ戦

vs

​大田スタジアム

投 手:原田 三塁打:千野 二塁打:藤井健
戦評
原田気迫のピッチング、日体大に2連勝
東海大学が日本体育大学に完封勝利し秋季リーグ戦4連勝した。
東海大学は3回、先頭の串畑が四球で出塁すると、盗塁でチャンスを広げ千野の左中間を破る適時3塁打で幸先よく先制する。さらに1点を加え迎えた6回、中前安打で出塁した杉崎を藤井健が左中間への適時2塁打で返し、その後も串畑右前適時打で追加点を奪うなど5-0と突き放した。
投げては先発原田が9回無失点の快投を見せ、今季2勝目を挙げた。

​日本体育大学

〇5-0
2019年9月7
首都大学野球 秋季リーグ戦

vs

​大田スタジアム

投 手:山﨑、松山 本塁打:ー 三塁打:ー 二塁打:ー
戦評
接戦を制す、山﨑気迫のピッチング
東海大学が延長12回に及ぶ攻防を制し勝利した。
1点ビハインドで迎えた8回、藤井健が内野安打で出塁すると、続く長倉の左前安打、串畑の左前適時打で試合を振り出しに戻した。
そして同点のまま迎えた延長12回、先頭の宮地が中前安打で出塁すると続く杉崎が手堅く送りチャンスを広げた。最後は藤井健が中前へ運び勝負を決めた。
投げては先発山﨑が10回1失点の好投を見せた。2番手松山が今季初勝利をあげた。

​日本体育大学

​〇2-1
2019年9月2
首都大学野球 秋季リーグ戦

vs

​バッティングパレス相石スタジアムひらつか

投 手:山﨑 本塁打:杉崎 三塁打:ー 二塁打:小玉
戦評

勝ち点1、4連覇に向け好調滑り出し

お互い無得点のまま迎えた4回、2アウトながら2,3塁とチャンスの場面で小玉の左越え2塁適時打で先制。続く5回にも杉崎が大会第3号となる右越え本塁打を放ち、得点を重ねた。

投げては先発山﨑が大東文化大打線を1安打完封し、今季初勝利。勝ち点1とした。

​大東文化大学
​〇5-0
2019年9月1
首都大学野球 秋季リーグ戦

vs

​バッティングパレス相石スタジアムひらつか

投 手:原田、松山、宮路 本塁打:海野 三塁打: 二塁打:杉崎、千野
戦評
秋季リーグ戦好スタート、海野大会第1号
9月1日に開幕した秋季リーグ戦、東海大学が白星スタートを飾った。
初回5番藤井健の中前適時打で先制に成功する。さらに4回、5回にも足を絡めた攻撃で追加点を加えた。9回には秋季リーグ戦大会第1号となる海野のソロ本塁打が飛び出した。
投げては先発原田が今季初勝利。後続の松山、宮路も無失点の好投を見せた。
​大東文化大学
​〇6-2
2019年8月20
​新人戦 決勝

vs

桜美林大学

​バッティングパレス相石スタジアム平塚

投 手:安里、高杉 本塁打: 三塁打:矢野 二塁打:奥村、黒澤、亀田、政吉
戦評
東海大学新人戦2連覇
東海大学が桜美林大学を破り新人戦2連覇を成し遂げた。
初回1アウト1・2塁で今大МVPの奥村が右中間を破る2点適時打を放ち先制に成功する。続く2回にも打者1巡の猛攻で4点を奪った。5回、7回にも追加点を加え、9-0と快勝した。
​投げては安里、高杉の完封リレーで相手打線をわずか5安打に封じ込めた。
​〇9-0
2019年8月19
​新人戦 準決勝

vs

武蔵大学

​バッティングパレス相石スタジアム平塚

投 手:山下、中尾、宮路、斎藤礼 本塁打:遠藤 三塁打: 二塁打:竹内
戦評
新人戦2年連続優勝に大手
1点ビハインドで迎えた2回、2つのヒットと盗塁で0アウト2・3塁とチャンスの場面、6番上原が​レフトへ同点適時打を放つ。さらに9番竹内に勝ち越しとなるセンター前ヒットが飛び出し逆転に成功する。しかしその裏先発山下の制球が定まらず3点を失うが5回、遠藤のランニングホームランで同点とすると9番竹内の2塁打、1番黒澤の中前適時打で逆転に成功する。その後も得点を重ね、7-4で東海大学が勝利し優勝へ大手をかけた。
​〇7-4
2019年8月18日
​新人戦2回戦

vs

帝京大学

東海大G

投 手:高木陸、齊藤礼二、高杉 本塁打: ‐ 三塁打:奥村 二塁打:竹内、黒澤
戦評
4番奥村が決めた、準決勝進出
​初回2つの四球とバントで1アウト2,3塁とチャンスを作ると、4番奥村が適時三塁打を放ち、幸先よく先制する。3回にも奥村は四球で出塁すると2つの盗塁を決め、ワイルドピッチの間に追加点を挙げる。
​投げては安里、斎藤礼、高杉の継投で9安打を許すも要所をしっかりと抑え、準決勝へとコマを進めた。
​〇3-2
2019年8月17日
​新人戦1回戦

vs

日本ウェルネススポーツ大学

城西大G

投 手:安里 本塁打: ‐  三塁打:奥村  二塁打:政吉
戦評
​コールド勝利、二連覇に向け好スタート
初回先頭打者の黒澤がヒットと盗塁でチャンスを作ると、この回東海大打線は打者一巡の猛攻をみせ、6安打で5点を先制する。続く2回にも1点を加えリードを広げる。7回にも相手のミスなどもあり4点を加え、7回コールドでゲームを決めた。
​投げては先発、安里が7回3失点の粘りの投球を見せた。
​〇10-3
 
 
2019年6月16日
​第68回 全日本大学野球選手権大会 準決勝

vs

佛教大学
投 手:山﨑、松山、小郷、原田 本塁打:  三塁打:ー  二塁打:串畑
戦評
5年ぶり、決勝進出ならず
​4回1アウトから5番藤井健、6番植村の連続ヒットで1・3塁とチャンスを作ると、続く7番長倉の右前2点適時打で幸先よく先制する。さらに高田誠の犠牲フライで1点を追加し3点のリードを奪う。しかし、5回に2ランホームランを浴び1点差となる。6回には先頭打者にヒットで出塁されるとその後、エラーが重なり2点を追加され逆転を許す。その後も失点を許し3点差をつけられる。8回に藤井健の適時打で1点を返すも反撃は及ばず、5年ぶりの決勝進出とはならなかった。
● 4  -  6
 
 
2019年6月13日
​第68回 全日本大学野球選手権大会 準々決勝
​大阪商業大学
投 手:原田、山﨑、小郷 本塁打:杉崎[1号ソロ]  三塁打:ー  二塁打:千野、高田、宮地
戦評
5年ぶり準決勝進出、宮地執念の勝ち越し
3点ビハインドで迎えた5回千野、門馬がヒットで出塁すると9番高田の2点タイムリーツーベースヒットで1点差とする。6回先頭の3番杉崎が初球をとらえバックスクリーン直撃のホームランで同点とする。続く4番海野が右前安打で出塁、藤井がバントで手堅く送り、途中出場の大野が三塁への内安打で2アウト1・3塁と攻め立てる。この好機に宮地が右翼線二塁打を放ち勝ち越しに成功する。
投げては2番手山﨑が150㎞を超える直球と変化球を巧みに使い、4回2/3を投げ9個の三振を奪う好投を見せ相手打線を封じた。
○ 4  -  3 
 

vs

2019年6月12
​第68回 全日本大学野球選手権大会 2回戦
​宮崎産業経営大学
投 手:原田、松山 本塁打:-  三塁打:  二塁打:杉崎
戦評
延長サヨナラ、松山気迫のピッチング

1点ビハインドで迎えた3回、宮地が死球で出塁すると続く千野が右前へ、相手野手のすきを見て一気にホームを陥れた。その後両チーム無得点のまま同点で迎えた延長11回タイブレーク、4番海野のバントで1アウト2,3塁とチャンスを広げると5番藤井がサヨナラ中前適時打を放ち試合を決めた。

投げては、先発原田が2回1失点で降板する厳しい展開だったが、2番手松山が3回以降を1安打無失点に抑える好投を見せた。延長タイブレーク、0アウト1,2塁でも気迫のピッチングで投げ抜いた。

○ 2 - 1
 

vs

2019年6月11
​第68回 全日本大学野球選手権大会 1回戦

vs

​立命館大学
投 手:山﨑、小郷 本塁打:-  三塁打:杉崎  二塁打:-
戦評

4番の一振りが決めた

0対0で迎えた6回裏、2アウトから千野、串畑の連続ヒットでチャンスを作ると、続く3番杉崎が左中間を破るタイムリースリーベースを放ち先制に成功する。7回に3点を失い逆転されるも、8回の裏1アウト満塁で海野が左前に2点タイムリーヒット放つ。これが決勝打となった。

投げては先発山﨑が6回まで無失点の好投を見せた。しかし7回に3点を失い、2番手小郷にバトンを渡す。その小郷がしっかりと抑え接戦を制した。

○ 4 - 3
 
2019年5月19
首都大学野球 春季リーグ戦
​筑波大学
投 手:山﨑、小郷 本塁打:-  三塁打:千野  二塁打:平井、長倉
戦 評
歓喜の72度目の優勝

初回、千野がいきなり左越え3塁打を放つと、2番の串畑がすかさず左前へ先制打を放つ。続く2回、植村が中前安打で出塁し、今季初スタメンの高田の左前適時打で生還し追加点をあげる。その後も追加点を重ね、流れを渡さなかった。

投げては先発の山﨑が8回5安打無失点の好投を見せ、最後は守護神小郷が3人で抑え優勝を決めた。

○ 5-0
 

vs

2019年5月18
首都大学野球 春季リーグ戦
​筑波大学
○ 2-1
 
投 手:原田、○松山、小郷 本塁打:-  三塁打:-  二塁打:
戦評

3季連続優勝に大手

勝ち点を挙げたほうが優勝となる大事な一戦。

1対1の同点で迎えた8回、1アウトから千野がヒットで出塁すると続く串畑がバントで送り2アウト2塁とする。3番杉崎が中前に適時打を放ち勝ち越しに成功する。投げては原田、松山、小郷の投手リレーで要所をしっかりと抑え1失点の好投を見せた。

○ 2-1
 

vs

2019年5月12日
首都大学野球 春季リーグ戦
帝京大学
○ 7 - 3
投 手:○山﨑、松山、小郷  本塁打:杉崎[1号2ラン]、千野[2号2ラン]  三塁打:-  二塁打:吉田元、千野、植村
戦 評
杉崎と千野が2ラン、逆転制覇へ勢い
初回1アウト2塁の場面で3番杉崎が左翼超えの2ランを放ち先制に成功する。
続く2回、打撃好調の植村が左中間へヒットで出塁すると、政吉がバントで送り、1アウト2塁とすると千野が見事に左翼超えにまたも2ランを放ちリードを広げた。その後も点を重ね、試合を優位に進めた。
​投げては先発、山﨑が8回途中3失点、勝ち投手となった。

vs

2019年5月11日
首都大学野球 春季リーグ戦
桜美林大学
○ 4 - 0
投 手:○原田  本塁打:-  三塁打:-  二塁打:-
戦 評
原田5安打で初完封​​
4年生原田がエースの意地を見せた試合だった。毎回のように走者を
背負うものの野手の好守にも助けられ、4併殺を取るなど要所を締めた。103球、被安打5で自身初完封勝利を収めた。
打っては5回、植村の適時内安打で均衡を破ると、その後は相手投手の制球の乱れや​守備のミスにつけ込み、得点を重ねる。9回には代打小松と串畑の連打で1,3塁とチャンスを作ると代打門馬の左犠飛で4点目を挙げた。

vs

2019年5月5日
首都大学野球 春季リーグ戦
帝京大学
○ 4 - 3
投 手:原田、松山、○山﨑  本塁打:-  三塁打:-  二塁打:-
戦 評
延長14回、1年生政吉が決めた
タイブレークに突入し1点ずつ取り合った後の14回、0アウト満塁のチャンスの場面。この好機この試合初スタメンの政吉がカウント2ストライク1ボールから4球ファウルで粘った後の8球目、3塁線を痛烈なゴロで突破するサヨナラ打を放った。
​投げては先発の原田が2ランを浴びる厳しい展開だったものの、後続の2番手松山が8イニング1失点、3番手山﨑が最終回を最速152キロのストレートを軸に力でねじ伏せた。

vs

2019年5月4日
首都大学野球 春季リーグ戦
雨天中止
帝京大学
投 手:-  本塁打:-  三塁打:-  二塁打:-
戦 評

vs

2019年4月28日
首都大学野球 春季リーグ戦
桜美林大学
○ 4 - 1
投 手:原田、○大澤、松山、小郷  本塁打:-  三塁打:-  二塁打:-
戦 評

vs

2019年4月21日
首都大学野球 春季リーグ戦
● 1 - 8
日本体育大学
投 手:●松山、原田、山﨑  本塁打:-  三塁打:-  二塁打:-
戦 評
4季ぶりの日体大戦に勝ち点失う、松山が被弾
3年生の松山が1点リードの初回一死から連続四球を与える。4番にカウント2-1からの速球を左翼スタンドへ。初先発とあってか緊張から左腕が振り切れていなかった。6回には2番手の原田が2失点。山﨑も8回、1年生の3連打と二ゴロで2点を献上した。どの投手も力を出し切れていなかった。
千野の初球、先頭打者安打と2四死球で満塁と攻め、5番に入った杉崎の左犠飛で先制。平井が四球を選び再び満塁としたが、初先発の荒木が中飛に倒れて突き放せず。被安打10。大量失点でよもやの敗退​。

vs

2019年4月14日
首都大学野球 春季リーグ戦
● 1 - 3
日本体育大学
投 手:●山﨑、小郷  本塁打:-  三塁打:-  二塁打:串畑
戦 評
山﨑が被弾し今季初黒星、連勝「3」でストップ
杉崎​の右前適時打で先制したもののノーアウトで6度も出塁しながら、得点はこの回だけ。1点リードの7回、3年生右腕の山﨑は先頭に左前へ流し打たれ、バントを決められて二死二塁の場面。代打の左打者小林にカウント3-1から5球目、外角狙いのシュートの手元が狂い真ん中へ。右翼席へ叩き込まれた。決定打を欠き、開幕4連勝はならなかった。

vs

2019年4月13日
首都大学野球 春季リーグ戦
日本体育大学
○ 4 - 3
投 手:原田、○小郷  本塁打:平井[2号3ラン]  三塁打:-  二塁打:串畑、千野、海野
戦 評
海野決勝打、主軸の働き、延長戦を制す
手に汗握る大接戦。延長11回、途中出場の浅見が二ゴロエラーで出塁すると二死後、4番の4年生海野が0-1
後の2球目、「ストレートが来る」との読み通り真ん中低めの速球をジャストミート。打球が左翼フェンスに直撃し、大きく跳ね返る間に浅見が一塁から一気に勝ち越しのホームを踏んだ。
8回途中から原田を継いだ3年生右腕の小郷。九回無死。連続して単打を浴びたが、右翼への飛球を好返球で二塁走者の三進を阻止してもらうなどバックに助けられ、1点差を守り切った。

vs

2019年4月7日
首都大学野球 春季リーグ戦
武蔵大学
○ 7 - 4
投 手:山﨑、○松山、小郷  本塁打:平井[1号2ラン]  三塁打:大野  二塁打:海野、宮地
戦評
打撃戦を制し、勝ち点1
2回の裏、相手のミスと串畑の適時打、大野の適時三塁打で4点を先制。続く3回、海野の適時二塁打と平井の2ランで3点を追加。
投げては先発、山﨑。ヒットと犠飛で2点を献上、二番手松山にバトンを渡す。8回に代打にソロホームランを浴び、さらにボークで2点を失ったものの9回抑えの小郷が0点に締め、10安打を超える相手の打線を3年生トリオが4点に抑えた。

vs

2019年4月6日
首都大学野球 春季リーグ戦
武蔵大学
 4 - 1
投 手:○原田、小郷  本塁打:千野[1号ソロ]  三塁打:-​  二塁打:海野、吉田元、杉崎
戦 評
新4番海野が先制打、原田1失点勝利
トップに入った千野が鮮やかに右前に安打を放ち、宮地がきっちり送る。ケガが癒えて3季ぶりに本格復帰した杉崎は投ゴロに倒れたものの、新4番の海野がカウント3-1後の5球目を左中間に二塁打し、あっさり試合の主導権を握る。
​昨年秋に続いて開幕を任された4年生の原田は7回まで散発5安打。通算10勝目を挙げた。

vs

LOGO2.png